代表挨拶

 

株式会社日本学術サポートは、大学・研究機関・医療機関における研究・調査に必要な業務を強力にバックアップすることを目的とし、2016年6月に設立されました。

 

今般の研究活動においては、スピーディな成果が求められる傾向がある上、研究内容は超高度化しています。

この状況の中で、より質の高い成果を迅速に世に出し続けること。研究者の皆様は常日頃考え、そして悩まれていることかと思います。

  

弊社は研究者の皆様が推進する研究を、AIを用いた高度な解析から単純作業まで、博士号を持つスタッフにより支援いたします。皆さまの研究活動が少しでも前に歩めるようご尽力致します。

 

 

株式会社日本学術サポート

代表取締役社長 井元 裕也


社員紹介

社員代表 チーフエンジニア 神保岳大

東北大学卒業、同大学院理学研究科 物理学専攻 博士課程修了(博士)

博士論文研究内容:モデル細胞膜の物理的性質が自己複製 機能に果たす役割

実験と理論構築、および解析プログラムの設計・開発。
東北大学大学院理学研究科物理学専攻賞受賞。

Researchmap 

 

Ph.D 取得後、研究活動における論理的思考能力とプログラミング経験を活かし、データサイエンティストとして企業のデータサイエンス部門のマネージャーとして従事。

現在、株式会社日本学術サポートにて、スーパーコンピュータとディープ・ラーニングを用いた画像解析の研究開発、ならびに研究支援業務に従事。

 

コメント

資源に乏しい日本では、研究の力が必須です。しかし、研究を取り巻く環境には多くの課題が山積しております。研究者としての経験と企業で得た産業界の最新手法で皆様のご研究を全力でサポートいたます。

会社情報


主要取引先

(敬称略、順不同)

国立大学法人 東京大学

国立大学法人 京都大学

国立大学法人 東北大学

国立大学法人 大阪大学

国立大学法人 九州大学

国立大学法人 神戸大学

国立研究開発法人 理化学研究所

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 

学校法人 大正大学

昭和大学病院