NEW! 2021/5

国立大学法人東北大学加齢医学研究所 杉浦教授と学術指導契約を結びました

株式会社日本学術サポートは画像認識・心理実験に関わる研究開発に関して、国立大学法人東北大学加齢医学研究所 杉浦教授と学術指導契約を結びました。日本学術サポートは引き続き研究開発力強化を推進し、最先端の研究をサポートするサービス開発を実施していきます。

2021/4

神戸大学イノベーションのホームページに掲載されました

神戸大学イノベーション(KUI)のベンチャー支援事例として弊社が掲載されました。

KUIは大学のユニークな研究成果から新産業を生み出し、地域社会の持続的発展に貢献する会社です。

詳しくはKUIのホームページをご覧ください。

株式会社リバネスのプレスリリースに掲載されました

株式会社リバネス、神戸市、神戸都市振興サービス株式会社、株式会社Inner Resourceの4者で運営するインキュベーション施設「スタートアップ・クリエイティブラボ(SCL)」と連携しました。

詳細はリバネスのプレスリリースをご覧ください。

第3回日本メディカルAI学会学術集会に採択されました

2021年6月11日(金)・12日(土)にオンラインで開催される第3回日本メ ディカルAI学会学術集会に採択されました。

◯詳細

■演題名:「メモリ拡張技術を適用したスーパーコンピュータによるMRI画像の3Dセグメンテーション」

■セッション名:一般演題2「医用画像解析(放射線画像)2」

■発表日時:2021年06月11日(金)  11:15-12:15

 

2021/3

AMED「研究データの質向上の指導者育成講習会」 参加

弊社チーフエンジニア神保が2021/3/27に開催されましたAMED「研究データの質向上の指導者育成研修事業」に参加致しました。日本学術サポートは医療研究開発分野におけるデータサイエンティストとしてAMEDの定めるデータマネジメントを研究室で実施するためのサポートを推進していきます。

2021/2

令和3年度HPCIシステム利用研究課題に採択されました

「うつ病の診断・治療に向けた4D脳機能画像DeepLearning解析」の研究で、令和3年度HPCIシステム利用研究課題に採択されました。

来年度は名古屋大学のスーパーコンピュータ「不老」を利用して、うつ病の画像診断に取り組みます。

2020/12

Single–cell  analysisテクニカル Webセミナーを実施しました

 神戸大学医学研究科薬理学分野との共催で、

①single-cell sequence解析の環境構築方法、

②Rを用いたsingle-cell sequence解析方法を学ぶことを目的に、2020年12月18日(金)オンラインセミナーを開催しました。

大学教授から、学部学生まで約50名の参加があり、多くの質問が飛び交うなど、活発な議論がなされました。

ご参加いただいたみなさま、セミナー開催にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

【参加者の声】(一部抜粋)

「プログラミング初心者なのでソフトの説明を聞くことができてよかったです。論文のmethodの意味が分かりやすくなりました。」

「現状は市販の解析ソフトを使ってRNA-seqの解析をしていて、なかなかRを用いた解析に手を出せていないので導入としてとても勉強になりました。」

「非常に質の高い、わかりやすい内容だった。Linuxの必要性は感じていたものの、抵抗があったが、取り払われたように思います」